バイク査定必要なし
バイク査定必要なし
ホーム > 注目 > 開かれた市場の重要性とは?

開かれた市場の重要性とは?

安倍首相がAPECにて

開かれた市場の重要について

述べたということが注目されています。

 

ただアメリカの衰退や日本の

今の現状を見ると、どこまでと

いうところもあるかと思います。

 

ネット上の意見を見ますと

 

 

世界の流れはむしろ逆な気がするが?

 

もはや安倍もグローバリスト達の軍門に降ったか…。

 

トランプの行き過ぎた保護主義を羨ましく思う、日本のJA,。

 

皆んな外国にもっとモノを売りたくないの?

日本は戦後、高度経済成長から一億総中流のバブル経済に突入したけど、そこまで経済が強くなったのは輸出産業が外貨を稼いで貿易黒字だったから。

米国が対日赤字に苦しんでヒラリーの旦那にバブルをぶっ壊されてから暫く経つけど、

今は逆に中国主導に嵌って日本のモノは売れなくなり、働いても働いても貿易赤字で儲けがない負のスパイラル状態が続いてる。この状態を変えて外貨でたくさん儲けないと日本は世界の競争に負けてもっと貧しくなるだろう。

格差が広がったのは企業の倒産やリストラが続き正社員比率がガッツリ低くなったのが主な要因。

バブル期までは契約社員や派遣社員なんて言葉は日本には無かった。今はそれが普通だろ。

 

時勢が読めてない首相でんなあ

自由貿易=善に疑問符がついてるんでっせ

 

日本は食料、原油及び鉄鉱石などの各種資源をほとんど自給自足できないから、恒久的に安定して資源を手に入れるために開かれた市場を訴えるしかない。もし他国から食料をはじめとした資源を売ってもらえなくなったら、日本はあっという間に詰む。

 

そうなる前に何としてでもTPPを締結し、将来に渡って安定的に食料や資源を供給する道を作らなければならなかったのだが、TPPは暗礁に乗り上げてしまったため、別の道で活路を開こうとしているのが今の状況。

 

このようにさまざまな意見が出てきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉体改造サプリメントのおすすめは?【男性版】